小技・便利な設定

GPD Pocketを使用するにあたって、便利な設定や使い方、リンクを紹介するページ。

Bluetoothテザリング

スマートフォンでテザリング接続する際、wifiよりもBluetoothで接続したほうが、速度は犠牲となるが消費電力は少ない。 また、スマートフォンと一度ペアリングしておけば、GPD Pocket側からの操作のみでテザリングを開始できる。

リンク先では、テザリングのON/OFFをワンタッチで行えるスクリプトもあり、快適な接続環境が得られる。 (GPD Win用のページだが、Pocketでも問題なく動く)

Windows 10のBluetoothテザリング革命!ワンタッチで接続切断可能な手段を手にしよう - ひとりぶろぐ

WiFi テザリングの遠隔ON

iPhoneでは下記の遠隔ONは不可。

Windows Phone には Windows PCとBluetoothでペアリングすると、Windows PC側からスマホ側のWiFiテザリングを ON にす MS-TCC という機能が組込まれている。
スマホのテザリングがOFFの状態でも、PC側のWiFiの接続先一覧にスマホが表示され、それを選択すればテザリングが ONになり接続される。 Android でもアプリを追加することで可能になる。

Windows 10からAndroidのテザリングをONにしてみたい

以下で公開されている apk を Androidスマホにインストール、アプリ内の設定を両方ONにした状態で WindowsPCとペアリングすれば設定完了
https://github.com/tmyt/android-mstcc/releases
Galaxy シリーズは、上記のバージョンでは動かないらしいので以下から
https://github.com/tesurijp/android-mstcc/releases

Google Play 版もあるようです
https://play.google.com/store/apps/details?id=lab.eikore.mstccdroid

対応機種であれば(使うタイミングだけになるので) Bluetoothテザリングより省電力でありつつ、Bluetoothの速度を気にすることなく使える。
Windows PC であれば標準機能なので GPD Pocket に限らずWindows PCなら同じ設定で使える。

超省電力設定

電源プランでCPU動作周波数を制限し、バッテリの節約や発熱の低減を行う。 また、CPUパワーがほしいときに、制限を解除するショートカットの作り方も掲載。

電源プランでの設定なので、バッテリ駆動時のみ制限をかける設定も行える。

GPD Pocket :“超”省電力設定 - しかるのち

ファクトリーリセットUSB作成手順

  1. USBメモリに"WINPE"って名前をつけてNTFSでフォーマット
  2. Full firmwareをダウンロードして展開した中身をUSBにコピー
  3. USBから起動。必要であれば起動時にDelキーを押してBIOSで起動元変更

https://twitter.com/maz_zzz/status/878747959701024768

音楽プレイヤーとしての使用

GPD Pocketはあくまでノートパソコンによく似た「Instant Go対応のWindowsタブレット」であるため、Windows10標準の音楽プレーヤーアプリであるGrooveミュージックならばスリープ状態でも再生可能。

一時的にDelキーとBackSpace?キーを入れ替える

Fnキーを押している間だけ入れ替えられる。
8/5版BIOSで確認

メニューキーを全角半角キーにする

外付けキーボードを使わない(特にメニュー(アプリケーション)キー)を使わない人向け
AHKのもたつきが気になる人にもおすすめ

  1. レジストリを変更しメニューキーをF13~F15のような一般的に使用しないキーに割り当て
    • Sharpkeys などGUIレジストリエディタを使うと便利
  2. IME の設定からメニューキー割り当てたキーを「IME ON/OFF」にする

※同様の手順でCapsをIME ON/OFFにすることも可能




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-18 (金) 15:31:08 (5d)